• 20代PTOTのためのスキルアップセミナー

『理学療法という引き出し(=drawer)を通して、世の中を豊かにする』をMissionに掲げ活動している、drawer代表の柳田です。

<活動内容>
drawerセミナー>>>

② パルマゼーションセミナー>>>

③ drawer Body Conditioning>>>

 

先週の土曜と日曜日はdrawerセミナーを開催しました!

今回のブログは、その開催報告です☆★ 是非ご一読ください( ´ ▽ ` )ノ

 

土曜ナイトセミナー

5月27日(土)は、土曜ナイトセミナーの第2回目となる『横足根関節の回内制限が動作に与える影響』を開催!!

(ナイトセミナーの詳細はこちら >>> Click!! )

 

でもその前に、前回の講義でレクチャーした足部評価の復習からスタート。

 

前回よりもみんなの足部評価の精度が格段に上がっていてビックリ!!   日々、それぞれの臨床現場で毎日練習を積んだんだろうな〜

 

また、受講生が創り出す〝場〟の空気感が柔らかくなっていて、和気あいあいとした雰囲気に包まれてとても良い感じ♪

 

受講生の成長が感じられ、横の繋がりが深くなるのもコース制セミナーの大きなメリットですね☆★

 

前回の復習のあとは、本講義へ。

本講義では足部評価から対象者の姿勢制御パターンを把握し、そこから対象者がどんな動作戦略を呈しやすいのか推測する考え方を片脚立位と歩行動作を例にとってレクチャー!

 

対象者の動きの特徴を推測した上で動作観察すると動作分析の質が格段に上がり、効果的な治療アプローチに繋げることができます。

 

受講生もペアを組んだ人の姿勢制御パターンを推測した上でアプローチを行った結果、バッチリ結果を出すことができていましたよ♪

 

この考え方は、TAP研究会でもお伝えする予定なので、興味のある方はご参加ください!!

セミナー詳細はこちらから♪ >>> Click!!

 

円背セミナー

翌日、5月28日(日)は、円背セミナーを開催!!

4月にも埼玉県草加市で同内容のセミナーを開催しましたが、当初の予想を上回る反響をいただいたので、急遽、船橋での追加セミナー開催が決定。

 

今回も、定員を超える34名のセラピストの方にお集まりいただきました♪

 

セミナーの内容のベースは4月と大きく変わりませんが、前回の気づきや反省を生かしてスライドと実技内容を一部変更(1ヶ月前の自分と同じでいることが堪らなくイヤなんです、、、)!!

受講生の立場に立って、より分かりやすく、大切な本質を伝えることを心がけました。

 

その効果もあってか受講生からのリアクションが良く、集中して実技練習に取り組んでくれました。

 

一連の治療アプローチを行った後の身体の変化も自分の身体を通して実感できたようで、『身体がとても楽になりました♪』と喜んでいましたよ(笑)

 

高齢者の円背姿勢を完璧に治すことは難しいけれど、丁寧にアプローチしていけば現状よりは良い方向に導いていくことができることを伝えることができたと思います。

 

 

セミナー後のアンケート調査でも、100%の受講満足度という評価をいただき一安心。

 

現状に満足せず、これからも1〜3年目のセラピストのスキルアップを応援するために、drawerから出来ることを模索し続けていきたいと思います。

(今後のセミナー情報はこちらから >>> Click!!

 

今回受講してくれたみなさん、本当にありがとうございました!!!!

 

お問い合わせ

私への講演依頼などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム >>> Click!! 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

drawer代表・柳田 恵佑

 


The following two tabs change content below.
mm

drawer代表 けーすけ

drawerの代表を務める理学療法士。20代PTOTのスキルアップを、本気で応援したいと思い活動しています!各種SNSもやっていますので、是非フォローお願いします☆★