• 20代PTOTのためのスキルアップセミナー

『理学療法という引き出し(=drawer)を通して、世の中を豊かにする』をMissionに掲げ活動している、drawer代表の柳田です。

 

アウトプットの重要性

 

先日から、7月23日(日)に開催するdrawerセミナーの募集を開始しました!!

『ここがポイント!整形および中枢神経疾患に対するリハビリテーションの基礎基本』

 

このセミナーは、脳卒中片麻痺と変形性膝関節症(保存)にフォーカスし、効果的なリハビリテーションを進めていく上で最低限知っておくべきポイントを実技中心にお伝えする内容となっています。

 

また、今回のメイン講師は僕ではありません!!

drawerの活動理念に共感し、活動を手伝ってもらっている塚田くんと日向くんにお願いしました☆★

僕は、実技アシスタントに専念します!!

 

2人とも僕が信頼を置いている優秀なセラピスト。

塚田くんが変形性膝関節症(保存)ついて、日向くんが脳卒中片麻痺について講義する予定です。

 

drawerのコンセプトは卒業生に『1〜3年目の時にdrawerと出会ったお陰で今の自分がある』と言ってもらえるような活動をすること。

 

講師を依頼した2人には『基本的な講義路線』と、『コンセプトから大きく外れないよう』にという要望だけ出して、あとの内容に関しては概ね任せています。

 

作成途中の資料を少しだけ見せてもらいましたが、メチャ面白い内容となっていて期待大!!!

 

アウトプットするために資料を作成する過程は大変なことも多いけれど、自分の思考過程をまとめる良いチャンス。

 

2人にはこの機会をチャンスと捉え、成長へと繋げてもらいたいと思います。

 

『アウトプットは最大のインプットなり』

 

drawer代表・柳田 恵佑

 


The following two tabs change content below.
mm

drawer代表 けーすけ

drawerの代表を務める理学療法士。20代PTOTのスキルアップを、本気で応援したいと思い活動しています!各種SNSもやっていますので、是非フォローお願いします☆★