• 20代PTOTのためのスキルアップセミナー

『理学療法という引き出し(=drawer)を通して、世の中を豊かにする』をMissionに掲げ活動している、drawer代表の柳田です。

<活動内容>
drawerセミナー>>>

② パルマゼーションセミナー>>>

③ drawer Body Conditioning>>>

 

2017年6月18日(日)に『大腿骨頸部骨折に対する術後理学療法』をテーマにしたdrawerセミナーを開催しました。

今回のブログでは、セミナーの内容を一部紹介したいと思います。

 

セラピストのあるべき姿

『対象者の自然治癒力を最大限に引き出す』

僕はリハビリテーションを提供する際、常にこのことを意識しています。

 

私たちヒトには、生まれ持って自然治癒力という素晴らしい能力が備わっています。

 

だからこそセラピストには、自然回復を阻害している要因を見つけ出し、それを取り除くことが求められていると僕は考えます。

 

とりわけ整形外科術後患者さんの場合、自然回復を阻害している因子は大きく以下の3つに集約されるのではないでしょうか?

 

今回のセミナーでは、自然回復を阻害している因子を取り除く理学療法の進め方を効果的に学んでもらうため、大きく2つの時系列に分けました。現在の医療制度では『急性期』『回復期』『慢性期,在宅』と病床機能分化が進んでいて、受講生が働く環境もそれぞれだというのも2つの時系列に分けた1つの要因です。

 

それぞれの時期で、各セラピストが自分のやるべき仕事を全力で全うする。

 

そういうマインドを持ったセラピストをdrawerから育てていきたいという、僕の想いも込められています。

 

術後早期の関わりで重要なこと

術後早期のリハビリテーションに入った際、患者さんから以下のような言葉がよく聞かれるのではないでしょうか?

 

なぜ、このような言葉が聞かれるようになるのか?

それを理解するためには、『身体意識』という言葉を理解する必要があります。

 

2つの身体意識とは?

身体意識は大きく『身体保持感』と『運動主体感』の2つに分けることができ、自分の足を自分の足だと感じるためにはどちらの感覚も重要です。

 

スライドにも記載しましたが、この2つの感覚の生成には〝感覚フィードバック〟が欠かせません。

 

一体どういうことは? 『右足を動かす』という課題を例に説明したいと思います。

 

右足を実際に動かす前に、脳内では運動の企画を立て、企画した運動が成立するというイメージを持っています。

 

健常者の場合、『予測と運動の結果が一致』するため自分の足だと感じることができます。

 

一方、患者さんの場合、イメージ通り動かすことが難しいため『予測と運動の結果の不一致』が生じ、自分の足だと感じることができず、『自分の足ではないみたい』という発言に繋がると考えられます。

 

また、近年の神経科学の研究では、『予測と運動の結果の不一致の持続が、痛みの増強につながる』という見解も示されており、セラピストによる早期からの介入が必要と考えられます。

 

悪循環を断ち切る

つまり、私たちセラピストは早期のうちに身体意識の再構築を図りながら、疼痛回避のための防御性収縮からの脱却を図ることが求められています。

 

この部分に対して適切に介入することで、関節可動域制限や動作障害の発生という悪循環を断ち切ることができるからです。

 

治療戦略

大腿骨頸部骨折術後患者さんが陥りやすい悪循環を断ち切るための治療アプローチとして、今回のセミナーでは以下の実技を提示しました。

 

特に、『疼痛回避姿勢からの解放』はとっても重要。

局所のアプローチに入る前に、背臥位姿勢を整えることの重要性を理解してもらいました。

 

次回のブログでは、回復期転院後〜自宅ENTまでの介入ポイントを紹介しますね。

 

drawerセミナー日程

今回のセミナーはとても好評だったため、2017年8月20日(日)にも開催します!

残席数が少なくなっていますので、受講を希望される方はお早めにお申し込みください。

セミナー詳細 >>> http://keisuke-yanagida.net/seminar_schedule-7/

 

お問い合わせ

私への講演依頼などございましたら、お問い合わせフォームからお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム >>> Click!! 

 

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

drawer代表・柳田 恵佑


The following two tabs change content below.
mm

drawer代表 けーすけ

drawerの代表を務める理学療法士。20代PTOTのスキルアップを、本気で応援したいと思い活動しています!各種SNSもやっていますので、是非フォローお願いします☆★